任意整理においての弁護士と司法書士の違い

弁護士と司法書士の違いは?

借金地獄でお悩みの方が、さんざん悩んだ末にようやく専門家への相談を決意するとき、今度はどの専門家へと相談すればいいのか、ということで再び悩んでしまうことになります。

 

債務整理およびそのための相談を行う相手として選択肢に挙がるのは、ほぼ弁護士と司法書士の二択となります。
では弁護士と司法書士の違いはどういった点があるのか、ということになりますが両者の一番大きな違いというのは弁護士には取り扱う法律業務の範囲に制限がないということが挙げられます。
ただし、債務整理においては弁護士と司法書士の業務範囲に違いは少なく、特に任意整理のような比較的少額の債務整理においては全く弁護士と司法書士のの違いはありません。
140万円以下の案件においては、弁護士同様債権者との交渉も認められていますので、安心して任せることができます。

 

また、司法書士の場合その費用が弁護士と比較して安価にすませることができるという利点があります。
弁護士事務所では相談料が必要となるケースの多い、初回の相談に関しても司法書士事務所ではほとんどのところが無料で行なっています。

 

弁護士と司法書士の違いをまとめると以下のようになります。

弁護士

司法書士

上限

なし

1社につき140 万

費用

割高

安価

相談料

1H5000円前後

基本は無料相談

 

任意整理をするにあたってはやはり費用面がかなり気になりますよね!?
その点からみてもやはり任意整理は司法書士に依頼する方がおすすめかもしれません。

 

お金の問題は放っておけばおくほど、傷は広がっていくばかりです。一刻も早く専門家への相談を行うことをおすすめします。