任意整理すると借金が減額される?

借金は減額される?

任意整理を行うと、借金が減額されるのでお得だ、という考えを持っておられる方がよくいらっしゃいます。
これは少し誤った理解であり、必ずしも減額されると決まっているわけではありません。
任意整理によって減額されるのは原則的には法定利息を超えている金利分です。
借金の元金が減るわけではありませんので誤解しないようにしておくことです。

 

ただ現在は法定利息を超えている業者というのはまず存在しませんので、この部分による返済額の減額はあまりみ込むことができません。

 

ただしこれは今まで返済してきた分に対してのことであり、任意整理を行えば将来の利息分に関しては無くしてもらうよう交渉されますので、返済総額そのものは大幅な減額を見込むことができます。
元金はもちろん減額されませんが、これだけでも十分返済は楽にすることができるはずです。

 

またかなり昔から長期にわたって、1ヶ所での借入れを繰り返していたという場合などは、利息制限法を超えての融資分が存在している可能性がありますので、よく調査してみると過払い金が発生するというケースもありえます。
そうすると結果的に元金をも減額することができるようになります。実際に過払い金分で債務を完済してなおかつ手元にもお金が戻ってきたという方もいらっしゃるほどです。

 

自分が対象になるかどうかを知るためにも、司法書士などの専門家に相談してじっくりと調べてみる必要があります。